東京千代田区大手町に全国で名を馳せるご当地やきとりが集結!│全や連総本店 東京

ご当地やきとりとは楽しみ方フロアガイドメニュー地図・アクセスご相談・お問合せ
TOP > 名誉館長ブログ
名誉館長ブログ
2014年9月28日

東海やきとり


 お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です!

 

あれは数年前のできごとでした。

 

名古屋に出張に行き、帰りに、個人的にやきとり屋さんに入ったんですね。

 

そこで、いくつか串モノをオーダーして、

おいしくいただいていたわけなんですけど・・・

 

「ねぎま」を頼んだ時に、

 

「あれっ?」と思ったわけですね。

 a-IMG_7499

というのは・・・

 

「鶏じゃなくて、豚」だったんです。

 a-IMG_7514

 

それで、いろいろ調べてみたら、

 

 

なんと、名古屋の「ねぎま」は、豚だということが判明。

(特に、古い焼鳥屋さんとか。最近のところは、鶏のことも多くなってきたようです)

 

しかも、調べると、名古屋だけではなく、愛知県や岐阜県南部もそうらしい。

 

そこで、

「ねぎまが鶏じゃなくて豚」というのをご当地やきとりとして

「東海やきとり」として、認定してみました(あくまで暫定です)!!

 

 

で、お店の方に、「なぜ、こちらでは鶏じゃなくて豚なの?」とお伺いしたら、

 

逆に「ねぎまなのに、なぜ、豚じゃなくて鶏なの?」と不思議そうに言われまして・・・

 

 

あ、ちなみに、

「ねぎま」の語源は、本来は、「長ねぎ」と「まぐろ」です。

それをやきとりにも用いたわけです。


2014年9月21日

鶏ちゃん(岐阜やきとり)


  お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です!

 

岐阜のご当地料理に「鶏ちゃん」(けいちゃん)というものが、あります。

 

串には刺さってないですが、

鶏ですし、

焼くので、

 a-IMG_3134

いちおう、僕の中では「ご当地やきとり」のジャンルに入れています。

(今治のように、串に刺さないやきとりもありますし。。)

 a-IMG_3145

簡単にいえば、

鉄鍋などの上で、鶏肉をキャベツなどと共に焼いて食べるという料理で、

自分で焼くという、セルフスタイルが多いのも特徴のひとつ。

 a-IMG_3158

味は、醤油、味噌など地域によって違います。

 

下呂は醤油が多いですね。

郡上は味噌が。

 

「鶏ちゃん合衆国」という団体があり、Webサイトに詳しく載っていますので、興味があれば、ご覧ください!

http://keichan-us.com/keichan-info/


2014年9月14日

横浜やきとり


  お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です!

 

全国、津々浦々、ご当地やきとりがありますが、

地元の人に聞いても「???」となることがとても多いです。

 

というのは、地元の人は、それが「当たり前」だと思っているので、

それが「ご当地やきとり」な事に、気付いていないんですね。

 

その典型的な例が、

 

なんと、横浜にもありました!!

 

横浜に野毛という地域があります。

JR桜木町駅に近く、戦後は闇市や屋台で賑わい、

「野毛に行けばなんでも揃う」とまで言われた地。

 

今は、繁華街として約500軒の飲食店があるといわれています。

 

そんな野毛を中心とした地域に「横濱やきとり」と呼ばれるご当地やきとりが存在します。

 

規模は小さいのですが、

 

簡単にいえば「にんにく味噌」と呼ばれる“タレ”をつけながら味わうやきとり。

 a-IMG_4390

 

発祥は、『若竹』といわれています。

昭和27年創業。           

 

卓上に「壺」に入って、置いてあることが多いですね。

それを、やきとりに塗ったり、皿に移して付けたりして味わいます。

 a-IMG_2406

やきとりは、塩のほうがいいです。にんにく味噌を塗るので。

 

いろんな店舗で秘伝の「にんにく味噌」を置いているので、食べ比べるのも面白いです♪

a-IMG_2433


2014年9月7日

栃木・太平山やきとり


  お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です!

 

また今月から、全国のご当地やきとりを紹介させていただきます♪

 

栃木県栃木市に太平山(おおひらさん)という山があります。

341mと、標高的には高くは無いのですが、

実はこちら、もともと太平山城があったところで、中腹には太平山神社があり、瓊瓊杵命・天照皇大御神・豊受姫大神を祀っています。

53代淳和天皇の時に造営されたとされていますので、西暦だと800年くらいなので、歴史のある神社です。

 a-IMG_0462a-IMG_0472

そんな地では、もちろん参道があるのですが、

そこで提供されているのが「太平山やきとり」と呼ばれるタイプ。

 

様々な茶店(ちゃみせ)があるのですが、

いずれも「太平山やきとり」があります。

 

それは……

 

玉子焼き、お団子、やきとりの3点セット!!

 a-IMG_2875

栃木市観光協会のWebサイトによると、

「人々は夜鳴きするニワトリは災難を招く不吉なものとして、太平山に奉納する風習がありました。

 

奉納されたニワトリが産む卵を集め『玉子焼き』を、肉を『焼き鳥』にして功徳したことがきっかけとなり『卵焼き』『焼き鳥』が、また太平山神社へ五穀豊穣を願い毎年たくさんの穀類が奉納されていた。

 

奉納された米を分けて頂き粉に曳き、『太平だんご』となりました。」

 

と、あります。

 

つまりは、奉納されたやきとりが元になり、ご当地やきとりが誕生したというわけ。

 

銘柄とか、部位の特徴とか、味付けとかではなく、料理の組み合わせによるご当地やきとり。

やきとりの世界も奥が深いです♪


2014年8月30日

やきとリンピックin長門 2014


お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です!

 

8月29日、30日に、山口県長門市で、

「やきとリンピックin長門 2014」が開催のため、

「全や連総本店 東京」の名誉館長としての立ち位置で、会場に来ています!

 a-IMG_3552

場所は、長門市の「青海島シーサイドパレス」

 

私は、ゲストでお招きして頂き、

オープニングセレモニー後の、1130分から、ちょこっと、やきとり講演を。

 

それにしても、ものすごい大盛況ぶり。

 

混雑するのは想定していましたが、ここまでとは・・・・・・

 

オープン前の時点で、すでに「ひびき」には、100人以上の行列。

 a-IMG_3479

 

他の店舗も、大行列となり・・・・・・

 a-IMG_3565

1時間~2時間待ちとかで・・・・・・

 

 

途中で売り切れる店舗続出・・・・・・

 

前の話では、15店舗合計で15万本用意しているとか聞きましたが、それでも足りなかったんですね(驚)

 

私は、今日は、やきとり食べられず(涙) ←これは想定内

 

 

でも、長門市役所職員が開発した長門の鶏麺

「ながとりめん」400円をゲット♪

N-1グランプリ2012準優勝!

 

スープ:豚骨不使用。鶏ガラと魚介のスープに長門産のしょう油で味付け。

めん:スープに合わせたもっちりの太麺。

チャーシュー:長州どりのもも肉を使用。特製たれに漬け込んだ。

ねぎ:長門市三隅の清風ねぎ。

たまご:特製だれに漬け込んだ味付きたまご。

だそう。

チームNGTが、作っていました。

a-IMG_3545

清湯ですが、しっかりとしたボディのスープで、麺などのインパクトもあり、美味しかったです♪

黒ごまだれと、かんずり(辛い調味料)を入れて♪

 a-IMG_3559

 

明日も、大盛況間違いなしですね!!!

 

熱射病にお気をつけてm(__)m

 

a-IMG_3496a-IMG_3499

a-IMG_3508

a-IMG_3505

a-IMG_3481

a-IMG_3492a-IMG_3494

a-IMG_3523a-IMG_3526

a-IMG_3536a-IMG_3539

a-IMG_3528a-IMG_3532

a-IMG_3514

 

 

 

 


2014年8月28日

やきとリンピックin長門2014前夜祭


   お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です!

 

 a-yakitori (1)

 

明日からの8月29日、30日に、山口県長門市で、

a-yakitori (2)

 

「やきとリンピックin長門 2014」が開催のため、

a-yakitori (3)

 

「全や連総本店 東京」の名誉館長としての立ち位置で、会場に来ています!

a-yakitori (4)

 

場所は、長門市の「青海島シーサイドパレス」

 a1-yakitori (1)

 

 

長門市は安倍総理大臣のお膝元ということもあり、昭恵夫人もいらっしゃいました!

 

a1-yakitori (3)

 

 

a1-yakitori (2)

 

今日は前夜祭があり、

関係者にやきとりが振る舞われました。

a1-yakitori (4)

a1-yakitori (5)

 

福岡は久留米「鉄砲」のダルム、埼玉は東松山「ひびき」の「かしら」、北海道は美唄「たつみ」のもつ串、愛媛は今治「まる屋」の皮やき、長野は上田の「美味だれやきとり」などなど。

a1-yakitori (6)

a1-yakitori (7)

a1-yakitori (8)

a1-yakitori (9)

 a1-yakitori (10)

 

経験上、明日から、ものすごく大変です。

a1-yakitori (12)

 

嵐の前の静けさ……

フラダンスショーもあったりして……

 a1-yakitori(13

今回は第8回(去年は北海道の美唄でした)

雨が降らない事を願います!!


2014年8月14日

テレビで第4位「クールやきとり」


お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です!

 

「全や連総本店 東京」は

8月13日(水)~17日(日)まで

お盆休み、ですが・・・・・・

 

今回は、ご当地やきとりのご紹介をちょっとお休みして

 

「全や連総本店 東京」での

 

夏の限定やきとりを、ご紹介させて頂きます!

 

その名も

 

クールやきとり

 kool

<説明>

ひんやり冷やしたプルプルコラーゲンジェルを冷たいお肉に纏わせた全く新しいやきとり。見た目も涼しく、美味しくて美肌にもいい、コラーゲンたっぷり!

今までに体験したことの無いジューシーで冷たい肉+肉汁+ゼリージュースの喉越しです。いつもと違う味わいをお楽しみください。

 

 

期間は

8月6日~9月30日まで

 

 

一日20セット限定!!

 

 

すでに

 

テレビ番組「めざましテレビ」で

第4位でご紹介いただいたり、

 mezamashi04

 

mezamashi03

 

Webサイト「ねとらぼ」で

紹介して下さったり。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1408/13/news119.html

 netorabo

 

ありがとうございます(*^^*)

 

 

「おいしいのか??」と

話題騒然ですが、

 

 

召し上がらないと、

分からない気がします(大汗)

 

 

とりあえず、ぜひ一度、よろしくお願い致します(^_^; m(__)m

 

「全や連総本店 東京」は

8月13日(水)~17日(日)まで

お盆休み、です


2014年8月7日

山形・寒河江やきとり


  お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です。

 

今回も全国のご当地やきとりをご紹介させていただきます!

 

山形県に寒河江(さがえ)という市があります。

こちらでは「寒河江やきとり」と呼ばれるご当地やきとりが存在します。

 

メニューをご覧いただければ、

普通のやきとりっぽいですが、

さりげなく・・・

 a-IMG_2569

さがり

 

とか、

 

かしら

 

とかが、混じってますね。

 

 

そうなんです。

寒河江のやきとりは、鶏のほかに「豚もやきとり」!

 a-IMG_2604

 

 

これは、埼玉県東松山市のやきとりと同じ意味合い。

 

レバーも、豚レバーですね。

 

味付けは、普通にタレが一般的。

 a-IMG_2575

山形県には有名な「十四代」という日本酒があります。

やきとりとの相性もぴったりです♪

a-IMG_2594

 


2014年7月30日

青森やきとり


   お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です。

 

前回に続き、今回も全国のご当地やきとりをご紹介させていただきます!

 

先日、青森市に伺ったんですね。

 

青森県は、ご存じ、本州の最北端の県。

昔は「青函連絡船」といって、船が青森と函館を結んでいました。

私も乗ったことがあります(年がバレますw)

 

その時は、本当に「ここが本州最北端なんだ」と実感したわけですが、

今は、トンネルが完成して、電車で行けるので、あんまり、実感が無いかも。

 

そんな青森でもやきとりをいただきました。

青森でも、やきとりは人気です。

店舗も市内だけで100軒以上。

 

テイクアウトも、人気です。

そんなに変わりませんね。

a-IMG_6685

 

唯一あげれば「ねくたい」

ネクタイ=首=ネック=せせり

のこと。

 

で、オーダーして、初めて気づくんです。

 

肉と肉との間が、長ねぎじゃなくて、玉ねぎのがある!!

 a-IMG_6705

 

いわゆる「玉ねぎ文化圏」は、北海道にはありますが、

東北ではご当地としては青森だけです。

 a-IMG_6700

 

なぜ「玉ねぎ」なのか伺えば、「前からそうだから」だそう(汗)

 a-IMG_6713

 

やきとりも、けっこう、違いますね♪

 


2014年7月25日

旭川・新子焼き


  お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です。

 

前回は「阿寒やきとり丼」をご紹介させて頂きましたが、

同じ北海道でも、様々なご当地やきとりが、あります。

 

「全や連総本店 東京」でも、

7大ご当地のうち、「美唄」「室蘭」がありますね!

 

そんな北海道の旭川で、やきとりをいただいてきました♪

 

旭川のやきとりも、肉と肉との間に「玉ねぎ」が入ります。

a-IMG_0840

 

a-IMG_0833

北海道ではよくある光景です。

 

で、もう一つ、「新子焼き」というやきとりがあります。

串には刺さっていないのですが、鶏を焼いているので、やきとりです。

 a-IMG_0818

若鶏の半身を、素焼きにして、タレをかけたタイプ。

 a-IMG_0829

それって、若鶏の半身焼きなんじゃないの?

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、

これを旭川では「新子焼き」と呼んでいます。

 

食べごたえのある、やきとりです♪