東京千代田区大手町に全国で名を馳せるご当地やきとりが集結!│全や連総本店 東京

ご当地やきとりとは楽しみ方フロアガイドメニュー地図・アクセスご相談・お問合せ
名誉館長ブログ
2014年9月28日

東海やきとり

 お世話になっております。

名誉館長の、はんつ遠藤です!

 

あれは数年前のできごとでした。

 

名古屋に出張に行き、帰りに、個人的にやきとり屋さんに入ったんですね。

 

そこで、いくつか串モノをオーダーして、

おいしくいただいていたわけなんですけど・・・

 

「ねぎま」を頼んだ時に、

 

「あれっ?」と思ったわけですね。

 a-IMG_7499

というのは・・・

 

「鶏じゃなくて、豚」だったんです。

 a-IMG_7514

 

それで、いろいろ調べてみたら、

 

 

なんと、名古屋の「ねぎま」は、豚だということが判明。

(特に、古い焼鳥屋さんとか。最近のところは、鶏のことも多くなってきたようです)

 

しかも、調べると、名古屋だけではなく、愛知県や岐阜県南部もそうらしい。

 

そこで、

「ねぎまが鶏じゃなくて豚」というのをご当地やきとりとして

「東海やきとり」として、認定してみました(あくまで暫定です)!!

 

 

で、お店の方に、「なぜ、こちらでは鶏じゃなくて豚なの?」とお伺いしたら、

 

逆に「ねぎまなのに、なぜ、豚じゃなくて鶏なの?」と不思議そうに言われまして・・・

 

 

あ、ちなみに、

「ねぎま」の語源は、本来は、「長ねぎ」と「まぐろ」です。

それをやきとりにも用いたわけです。