東京千代田区大手町に全国で名を馳せるご当地やきとりが集結!│全や連総本店 東京

ご当地やきとりとは楽しみ方フロアガイドメニュー地図・アクセスご相談・お問合せ
TOP > ご当地やきとりとは > 長門 焼きとりや ちくぜん
ご当地やきとり紹介
鶏肉はもちろんのこと、豚の三枚肉や魚介類、野菜を使う串焼きで、基本は塩味。肉の間に挟むのはタマネギで比較的オーソドックスなやきとりです。
他の地域と大きく異なるのは、“ガーリックパウダー”の存在。お店には、一味・七味と並んでガーリックパウダーが置かれています。
長門やきとりの特徴
長州どり四つ身を特製ダレにて
長門名物ひめじの干物、
赤いので金太郎と呼ばれています
長門名物ひいらぎの干物
ガーリックのやきとりに
さっぱり柚子サワー
古くから漁業の盛んな長門は、魚のあらをえさに育てる養鶏場から毎日仕入れる新鮮な肉をつかい、地元の野菜や創作串などお客さまを飽きさせない。起業当時の自
身の経験から、女性でも入りやすい女性の視点からできるお店づくり、誰でも食べやすく、明るいサービスを心がけています。
お店のHPはこちら
長門駅から程近い、のれんがかわいい「やきとり ちくぜん」は、代表からスタッフまですべて女性。誰でも入店しやすいお店づくりをコンセプトに、長門の地鶏を中心としたメニューと、きめ細かいサービスが魅力のやきとり店です。
住所:山口県長門市東深川864-1
電話:0837-22-1668
店舗リンク
やき鳥たつみやきとりの一平鶏料理鳥安やきとりひびき焼鳥まる屋焼とりやちくぜん鉄砲